Jul 7th 2021

コンテキスト広告ターゲティングとは?

Appleのデジタルプライバシーポリシーの変更により、モバイルマーケターが適切なユーザーにリーチするためには、コンテキスト広告が求めれれてきます。

デジタルの世界では、コンテキスト広告ターゲティングはデスクトップから始まりました。その後、モバイルにシフトし、行動ターゲティングが進化するにつれて段々と使われなくなりました。ユーザーレベルの行動データに基づく広告のパーソナライゼーションと正確なターゲティングができるようになったため、マーケティング担当者はキャンペーンに参加する可能性が最も高いユーザーを追跡し、ターゲットを絞ることができていたのです。

その後の10年、デジタルプライバシーがますます重視されるようになったことで、行動ターゲティングのゴールドラッシュに終止符が打たれました。AppleのApp Tracking Transparencyフレームワークのような新しい法律とプライバシーを促進する技術により私たちはモバイル広告の新しい時代を迎えるどころか、むしろ古い時代への回帰を余儀なくしたと言えます。詳細については、こちらをご覧ください。

各セクションへジャンプ

コンテキスト広告ターゲティングとは?
コンテキスト広告ターゲティング vs 行動ターゲティング
コンテキスト広告ターゲティング vs コンテキストアプリターゲティング
コンテキストアプリターゲティング:IDFA後の世界に備えたソリューション
モバイルデバイス向けのコンテキストアプリターゲティングシグナル
アプリ情報
デバイス情報
クリエイティブ情報
最適なパートナーを

コンテキスト広告ターゲティングとは?

コンテキスト広告ターゲティングとは、キャンペーンのパフォーマンスを向上させるために、広告と関連するメディアをそれぞれの主題における関係性をベースに組み合わせる方法です。

特定の広告にエンゲージする可能性の根拠となる過去のアクティビティに基づき、ユーザーを動的にターゲティングするのが行動ターゲティング広告であり、コンテキスト広告ターゲティングとは対照的な手法です。言い換えると、コンテキスト広告ターゲティングは、特定のユーザーが興味を示した過去の情報を利用するのではなく、広告が提供された時点のユーザーやオーディエンスの状態を考慮に入れます。

コンテキスト広告主は、オーディエンスに関連するいくつかの変数、トピック、および(または)キーワードを使用し、デジタルメディアソースと共有します。メディアソースは、広告主が設定したパラメータに一致するコンテンツ、トピック、キーワード、および画像を広告と組み合わせるために、いくつかの手法を採用しています。一致するものが見つかると、広告が配信される仕組みです。

どのトピックやキーワードを自分たちの広告に最もよく相関させるかは広告主次第ですが、一部のアドネットワークでは、広告主がどの程度の一致が必要かを指定することもできます。広告主が広いリーチを認めている場合、コンテンツにはわずかな類似性があればよいのです。例えば、ヨガマットの広告は、フィジカルな柔軟性や穏やかな心情に関連したコンテンツに載るかもしれません。Webページには、より具体的なリーチに一致するターゲットのキーワードを含める必要があります。この例のヨガマットの主な差別化要因がリサイクル素材で作られていることだとすると、「環境に優しいヨガマット」や「グリーンな運動器具」 といったキーワードを使って、広告主はリーチを絞ることができます。

コンテキスト広告ターゲティング vs 行動ターゲティング

コンテキスト広告ターゲティングと、iOSのモバイルIDFA制限以前の業界標準となっていた行動ターゲティングを比べてみましょう。行動ターゲティングは、複数のソースからデータを収集して、ユーザーのオンラインショッピング履歴とブラウジング傾向をアウトラインし、そのデータを一意の識別子に結びつけます。マーケターは、こうした行動パターンを共有する 「そっくり」 ユーザーを見つけ、それぞれの好みに合わせた広告キャンペーンを作ることができます。行動ターゲティングのメリットは、広告とそれに関わりやすいオーディエンスを結びつけることができることです。

コンテキスト広告ターゲティング vs コンテキストアプリターゲティング

コンテキストアプリターゲティングとは、デバイス識別子が利用できない場合に、アプリのメタデータ、デバイス情報、またはその他のコンテキストデータの信号を使用してモバイルユーザーをターゲットにすることです。原則、コンテクスト広告と同じで、データポイントが異なります。通常、アプリはテキストを大量に含んでいないため、キーワードに基づいてターゲットを絞ることは不可能ではないにせよ困難です。コンテキストアプリターゲティングは、利用可能な情報をターゲットユーザーに活用するという同じ考え方を利用していますが、ウェブページのコンテンツではなく、アプリやデバイスのデータからヒントを得ています。

コンテキストアプリターゲティング:IDFA後の世界に備えたソリューション

デジタルプライバシーに対する懸念は、モバイルの広告主が収集できる情報の種類を劇的に変え、多くの制限をもたらしました。GDPRやCCPAなどのポリシーは、広告主がオンライン行動をトラッキングするにはそのユーザーの許可を必要とします。

そんな中、Appleはアプリ内データを収集する許可をユーザーに求める 「App Tracking Transparency」 を実装し、IDFAの権限を制限しました。ユーザーが自由に許可を与えるケースは一部にしかならず、プールされるデータ量は以前よりもずっと小さくなりました。コンテキストアプリターゲティングは、ユーザーのデバイスやアプリに関する詳細である別の情報プールを利用して、広告をそれに興味をもちそうな消費者と結びつけることができます。

こちらもご参照ください:アプリのトラッキング申告「ATT」とは?モバイルマーケティングへの影響は?

コンテクストアプリターゲティングは、IDFAによるターゲティングほど正確ではないものの、機械学習のような新しい技術によって、モバイルマーケターが理想的なユーザーにリーチし、収益性の高いキャンペーンを実行し続けることを可能にします。適切な識別子とデータがあれば、コンテキスト・トラフィックにより、IDFAでしか実現できないような品質を手に入れることができます。

モバイルデバイス向けのコンテキストアプリターゲティングシグナル

アプリ情報

アプリ自体は、ユーザーの基本的な情報を提供するだけでなく、そのユーザーに最も関連性のある情報も提供します。Apple StoreまたはGoogle Play Storeにおけるアプリのカテゴリとサブカテゴリ、および使用中のバージョンは、ユーザーの好みに関する一般的なヒントになります。例えば、ワードゲームをプレイしている人は他のワードゲームにも興味を示すかもしれませんし、バージョンがいくつか前のアプリを使っている人は、同じジャンルの新しいアプリの広告に反応するかもしれません。

アプリ情報のシグナルに含まれるもの:

  • アプリのバージョン
  • App Storeのカテゴリ・サブカテゴリ
  • インプレッション
  • 事前クリック
  • 完了率

デバイス情報

パートナーや友人の携帯電話を使ったことのある人なら誰でも、デバイスの設定方法に個性が現れることがよく理解できると思います。また、モバイルマーケティング担当者がキー識別子を決定するのに使用できる多くのタッチポイントを提供します。ダークモード、オーディオのオン・オフ、バッテリーレベルなどの設定により、モバイル広告ターゲティングに役立つユーザー像が浮かびます。

UTCとの時差や言語設定によって、ユーザーの一般的な地理的位置が明らかになります。これらはすべて、消費者のプライバシー権を侵害したり、Appleのガイドラインに違反したりすることなく収集できるデータポイントとなります。モバイルマーケターは、コンテキスト広告ターゲティングを使って、この種の詳細に基づいてユーザーをターゲティングし、広告キャンペーンを検証し、さらにキャンペーンを拡大することができるのです。

デバイス情報のシグナルに含まれるもの:

  • キーボード、言語
  • 使用可能なストレージスペース
  • ハードウェア情報
  • UTCからの時差
  • ダークモード設定
  • ブルートゥース接続

クリエイティブ情報

人々は自分を新しいものに挑戦することが好きだと思っていますが、ほとんどの消費者は自分が好きだと分かっているプロダクトに引き寄せられる傾向があります。広告クリエイティブは、モバイルマーケターが気分やプレイヤーのモチベーションなどのコンテキストに応じたターゲティングに利用できる豊富なシグナルを提供します。

リアルな兵士が登場する広告は、かわいいアニメの子犬が登場するゲームには合いません。リーダーボードに登ろうとしているプレーヤーは、 「リラックス」 体験を推す広告にあまり注意を払わないでしょう。この種のデータポイントを収集することで得られるインサイトは、キャンペーンのターゲティングを大きく向上させることができるのです。

クリエイティブ情報のシグナルに含まれるもの:

  • ジャンルフィット
  • ビジュアル要素
  • モードやスタイル
  • プレイヤーの動機づけ

最適なパートナーを

IDFAが存在しない場合であっても、コンテキスト広告ターゲティングを利用すれば、広告主は高価値のインプレッションに入札することで広告予算を最大化できます。また、アプリのマーケティング担当者が、どのネットワークが最も良いROASを出しているかを把握し続けることができるように、正確なアトリビューションを確保するのにも役立ちます。

最適なパートナーを選び、リアルタイムでデータを活用し、費用対効果を最適化してください。GameRefineryの買収により、VungleはGameRefineryのクリエーティブインテリジェンスプラットフォームに含まれる700以上のカテゴリ固有の変数を使用して、圧倒的に優れたコンテキストターゲティングを提供します。ご興味のある方は、japan@vungle.comに是非お問い合わせください。

Vungle Marketing

Vungle Marketing

Japan Blog