Jul 26th 2021

SKAdNetworkとは何か。それがもたらすモバイルマーケティングへの影響について。

Appleは長年にわたり、業界全体をプライバシー重視のモバイル広告エクスペリエンスへと着実に移行させてきました。iOS 10で導入された Limit Ad Trackingは iOS 14.5 からデフォルトで有効になりますが、2021年、AppleはApp Tracking Transparency フレームワークの使用を強制すると発表しています。Apple のプライバシーパズルの最後のピースと言える SKAdNetwork とは何なのか、広告主が慣れ親しんでいるものとどう違うのか。本ブログではこの詳細についてご案内いたします。

IDFA とは?

SKAdNetworkがモバイル広告市場にもたらす変化を理解するには、何が置き換えられるのかについて振り返ることが重要です。Identifier For Advertisers (IDFA) は、Appleが個々のモバイルデバイスに割り当てるランダムな識別子です。iOS 14以前は、広告主はIDFAを使って広告パフォーマンスを測定し、パーソナライズした広告を配信することができていましたが、iOS 14.5以降はユーザーの同意を得てデータを収集し、利用方法を知らせる必要があります。また、IDFAは広告アトリビューションにも使われていましたが、今ではユーザーがIDFAにオプトインしない限り利用できなくなっています。

SKAdNetwork とは?

SKAdNetwork(「SK」はStoreKitの略)は、Appleのプライバシーに焦点を当てたキャンペーン測定の代替手段です。SKAdNetwork は、広告に署名して配信するアドネットワーク、広告を掲載するアプリ、広告対象になるアプリの3つの異なるエンティティ間の対話を促進します。これらはモバイル広告のトランザクションで異なる役割があり、それぞれ特定の責任があります。

  1. アドネットワークは、彼らのIDを登録してディベロッパーに提供し、署名付き広告を提供し、インストール確認を受領したあと、ポストバックを検証する必要があります。
  2. パブリッシングアプリはネットワークIDを統合し、ネットワークが提供する広告を表示します。
  3. 広告対象のアプリは、アプリのインストールを検証し、オプションでコンバージョン値を更新します。

Appleは、コンバージョンデータをアドネットワークに送信する前に、ユーザーレベルまたはデバイスレベルの情報をデータから削除します。

なぜそれが重要なのか?

SKAdNetworkは2018年につくられ、当初は従来の広告表示方法に代わるものとして位置付けられていました。広告主は既存の仕組みを利用し続けることで満足しており、SKAdNetworkへの移行はなかなか進みませんでした。この状況が iOS 14 で変わったのは、AppleがLimit Ad Tracking(LAT)をデフォルトで有効にして、App Tracking Transparency (ATT) を施行すると発表したからです。簡単に言えば、追跡目的でデータを使用することの同意をユーザーから得られない限り、SKAdNetwork は広告主がインストールを元のキャンペーンに帰属させるためのAppleが意図した方法となります。

SKAdNetworkのコンバージョン値とは?

広告主はコンバージョン値を最大63の異なる値に割り当てることができます(Appleはインストールが発生する毎に自動的に 0 数を割り当てます)。ユーザーが広告をクリックしてアプリをインストールすると、24時間のポストバックタイマーが作動します。ユーザーが前回より大きいコンバージョン値を使用してアプリ内アクションを完了するたびに、タイマーがリセットされます。そのため、インストールは自動的に0に評価されます。タイマーが最終的に 0 に達すると、インストールとユーザーが完了した最高値のアクションを含むポストバックがアドネットワークに送信されます。また、重要なのは「Appleがプライバシーのしきい値を満たしていると判断した場合、ポストバックにはコンバージョン値とアプリのソースとなるIDが含まれる可能性がある」 ということですが、Appleはそのしきい値を明らかにしていません。

こちらもご参照ください:アプリのトラッキング申告「ATT」とは?モバイルマーケティングへの影響は?

SKAdNetworkのデメリット

ユーザーのプライバシー保護に関しては、SKAdNetwork はホームランと言えるでしょう。しかしながら、問題がないわけではありません。まず第一に、その結果は集約されており、キャンペーンをパーソナライズするために最も有用な粒度が欠けています。また、データに直接アクセスできるのはアドネットワークのみで、広告主がリアルタイムでキャンペーンを微調整することを困難にさせています。これはまた、良心的でないアドネットワークが広告主を欺くのに十分なチャンスを持たせてしまうことを意味します。ネットワークが同じレベルであっても、SKAdNetworkは現在ディープリンクをサポートしておらず、ダウンロードはアトリビューション可能なアクティビティとして考慮されるのみとなります。

同様にチャレンジとなるのは、SKAdNetworkがどのようにコンバージョン値を処理するかです。ユーザーがアプリをダウンロードした後、1日も開かなかった場合、タイマーは切れ、広告主はアプリ内でどんなアクティビティがあったかを知ることができません。24時間以内に開いた場合でも、最も高いコンバージョン値だけがアドネットワークに送信されます。広告主は、彼らが必要とするダウンファネルのインサイトを得るために、どのようにして値を割り当てるかについて、細心の注意を払う必要があります。

もう一つの課題は、SKAdNetworkはアドネットワークごとに100種類のキャンペーンしか許可していないことです。乗り越えられない課題ではないものの、モバイルマーケターは、割り当てられたさまざまなキャンペーン予算を最適化するためのベストな打ち手について、十分な情報に基づき選択する必要があります。

Vungleができること

SKAdNetworkの登場は、現代のモバイルマーケティング機能の劇的な変化を構成し、既存のモバイル成長方法論を無効にする可能性があります。しかし心配ありません、我々Vungleができることがあります。GameRefineryの詳細なコンテキストデータで強化され続けるモバイル広告プラットフォーム、AlgoLiftのパワフルな予測インテリジェンス。独自の有利性を得たVungleであれば、他のモバイルアドネットワークができる以上に、iOS 14以降の広告パフォーマンスを提供することができます。

こちらもご参照ください:コンテキスト広告ターゲティングとは?

Vungleの広告主は、他では得られない非常に明確なマーケティングシグナルを集め、その情報を使って将来の価値を予測し、ユーザー獲得キャンペーンを最適化することができます。Ad Intelligence と自動入札管理を組み合わせることで、VungleはIDFA後の状況においても最適な成長パートナーとなります。

より詳細な情報をご希望の場合は、japan@vungle.com へご連絡ください。

Vungle Marketing

Vungle Marketing

Japan Blog